ブログ

「正しい服装」をどう選ぶ?教員の身だしなみを考える

「正しい服装」をどう選ぶ?教員の身だしなみを考える

私学には教員の服装に関する規定が設けられているところがあります。クールビズの普及によって、近年ではノーネクタイの教員も増えていますが、だらしなくならないように注意する必要があります。生徒も教員の服装について決して無関心ではありませんので、規定を守りつつ「見られる」ことを意識した着こなしが求められます。

続きを読む

続きを読む

非常勤講師の掛け持ちの注意点とは?

非常勤講師の掛け持ちの注意点とは?

非常勤講師は原則として掛け持ちが可能です。実際の授業時間以外にも、事前準備や移動時間などに時間がかかるため、一日のなかで別の学校との掛け持ちをする場合は、余裕を持った時間割の設定お願いする必要があります。特に中間試験や期末試験は勤務の日や時間帯がふだんと異なるため、あらかじめ、各学校の行事予定表などを確認しておき、調整をする必要があります。

続きを読む

続きを読む

収入や保険の加入はどうなる?非常勤講師の実態を紹介

収入や保険の加入はどうなる?非常勤講師の実態を紹介

非常勤講師として勤務する場合、原則としてクラスの担任や部活動の顧問を担当することはなく、自分のために使える時間が多くなり、キャリアアップにもつながります。給与は定額払いや実働払いなどさまざまですが、学校によっては一定数以上のコマ数があれば私学共済に加入できる場合もあります。

続きを読む

続きを読む

児童・生徒の気持ちに寄り添うために

児童・生徒の気持ちに寄り添うために

児童・生徒の気持ちに寄り添い理解することが、教師にとって大切なことです。児童・生徒の気持ちに寄り添うためには、児童・生徒を見る目を養う、授業で児童・生徒を理解することなどがポイントです。「このクラスでよかった」とみんなが思えるクラスづくりをしましょう。

続きを読む

続きを読む

教員採用試験で差のつく志望動機の書き方

教員採用試験で差のつく志望動機の書き方

教員採用試験の履歴書に志望動機を書く際には、試験官が求める「教員になって何がしたいのか」「求める教師像にそった人物か」について、アピールすることが大切です。自分の経験やエピソードを交えながら、教員としてどのような姿勢で取り組みたいのか、熱意を込めてまとめてみましょう。

続きを読む

続きを読む

教員免許更新制の導入について知ろう

教員免許更新制の導入について知ろう

平成19年6月の改正教育職員免許法の成立にともない、平成21年4月1日から、教員免許更新制が導入されました。教員として必要な資質能力が保持されるように、定期的に、最新の知識と技能の修得を図り、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すための制度です。

続きを読む

続きを読む

教師が心がけておきたい子どもが伸びるほめ方とは

教師が心がけておきたい子どもが伸びるほめ方とは

ほめることは子どもに自信を持たせ、成長につながります。ほめるときには、ほめるポイントをしっかり押さえてほめることが大切です。また、よくないことをしたときでも正直に話した場合は正直に話したことをほめましょう。子どもの発達段階に合わせたほめ方でより子どもが伸びるでしょう。

続きを読む

続きを読む

生徒への「怒り」をコントロール。アンガーマネジメントを身につけよう

生徒への「怒り」をコントロール。アンガーマネジメントを身につけよう

アンガーマネジメントとはアンガー(怒り)について知り、コントロールするための手法です。生徒同士の関係はいうまでもなく、教員と生徒の関係性や教員間の関係性においても、アンガーマネジメントを学ぶことで良好な関係を築くことができると考えられます。教員の言動が瞬時に広まって問題となることもある現状においては、アンガーマネジメントの重要性が高まっているといえます。

続きを読む

続きを読む