ブログ

公立と比較した、私学で働くことのメリットとは?

公立と比較した、私学で働くことのメリットとは?

公立と比較して、私学の場合は異動がなく、自らの経験を生かした授業が行いやすいことがメリットといえます。加えて、手当などが充実していることもメリットといえるでしょう。また、卒業生との結びつきが強いことは生徒にとってだけでなく、教員にとっても大きなメリットとなります。

続きを読む

続きを読む

教師が知っておきたい子どもが育つ叱り方

教師が知っておきたい子どもが育つ叱り方

子どもを叱るときには、命にかかわるようなとき、人権にかかわるようなときなど、基準を決めておくようにします。子どもを叱ったあとには必ず、フォローの言葉かけをするようにしましょう。子どもたちとは日頃から本気で接し、信頼関係をつくっておくことが大切です。

続きを読む

続きを読む

子どもの語彙力を伸ばす指導とは

子どもの語彙力を伸ばす指導とは

子どもたちの言語力を養うには語彙力を伸ばすことが大切です。語彙力を伸ばすには、調べることを大切にする、ゲーム要素を取り入れるなど様々な方法があります。重ね言葉を見つけよう、漢字のしりとりなど言葉遊びを取り入れると楽しく言葉が習得できます。

続きを読む

続きを読む

日本とこんなに違う!海外の教育制度を見てみよう

日本とこんなに違う!海外の教育制度を見てみよう

海外の教育制度は、日本とは大きく異なる場合が多くあります。フィンランドなど国際的に高い評価を得ている事例もあれば、アメリカのように個人主義の考え方に基づいて飛び級制度を取り入れている国も。教育制度の背景には国ごとの文化の違いがあり、そのまま日本に当てはめることはできませんが、それぞれの特徴を理解し、参考になるヒントを探してみましょう。

続きを読む

続きを読む

「正しい服装」をどう選ぶ?教員の身だしなみを考える

「正しい服装」をどう選ぶ?教員の身だしなみを考える

私学には教員の服装に関する規定が設けられているところがあります。クールビズの普及によって、近年ではノーネクタイの教員も増えていますが、だらしなくならないように注意する必要があります。生徒も教員の服装について決して無関心ではありませんので、規定を守りつつ「見られる」ことを意識した着こなしが求められます。

続きを読む

続きを読む

非常勤講師の掛け持ちの注意点とは?

非常勤講師の掛け持ちの注意点とは?

非常勤講師は原則として掛け持ちが可能です。実際の授業時間以外にも、事前準備や移動時間などに時間がかかるため、一日のなかで別の学校との掛け持ちをする場合は、余裕を持った時間割の設定お願いする必要があります。特に中間試験や期末試験は勤務の日や時間帯がふだんと異なるため、あらかじめ、各学校の行事予定表などを確認しておき、調整をする必要があります。

続きを読む

続きを読む

収入や保険の加入はどうなる?非常勤講師の実態を紹介

収入や保険の加入はどうなる?非常勤講師の実態を紹介

非常勤講師として勤務する場合、原則としてクラスの担任や部活動の顧問を担当することはなく、自分のために使える時間が多くなり、キャリアアップにもつながります。給与は定額払いや実働払いなどさまざまですが、学校によっては一定数以上のコマ数があれば私学共済に加入できる場合もあります。

続きを読む

続きを読む

児童・生徒の気持ちに寄り添うために

児童・生徒の気持ちに寄り添うために

児童・生徒の気持ちに寄り添い理解することが、教師にとって大切なことです。児童・生徒の気持ちに寄り添うためには、児童・生徒を見る目を養う、授業で児童・生徒を理解することなどがポイントです。「このクラスでよかった」とみんなが思えるクラスづくりをしましょう。

続きを読む

続きを読む