ブログ

教師自身が注意すべき話し方の注意点とは

教師自身が注意すべき話し方の注意点とは

教師の話し言葉は子どもに大きな影響を与えます。教師自身がきちんと話すことで授業が引き締まり、学習が楽しくなります。教師が自分の話し方を振り返ってみましょう。言葉遣いは丁寧語を基本にして、多くの子が発言できるように指名し、子どもの発言をしっかり受け止めるようにしましょう。

続きを読む

続きを読む

子どもにやる気を起こさせる指導ポイントとは

子どもにやる気を起こさせる指導ポイントとは

学習力を上げるには、子ども本人にやる気を起こさせることがいちばんです。子どもにやる気を起こさせるには、子どもが努力したことを認めたり、目標を立てることで見通しを持たせたり、集中力を持たせたりしてやる気をアップさせるようにします。子どもに興味を持たせる発問をすることも大事です。

続きを読む

続きを読む

教員が身につけるべき発声法とは?

教員が身につけるべき発声法とは?

胸式呼吸のまま大きな声を出し続けると喉を痛める可能性が高くなります。腹式呼吸を意識して、自分が話しやすい姿勢を見つけましょう。喉だけではなく喉と口を共鳴させるイメージで発声すると、生徒が聞き取りやすくなるだけでなく自信をもって話している印象をも与えます。

続きを読む

続きを読む

低年齢化する「起業家教育」

低年齢化する「起業家教育」

「起業家教育」は実際に企業と関わりを持つことによって生徒にさまざまな力を身につけさせる試みです。経済産業省も支援し、実際の事例が報告されています。実施にあたっては企業および学校内部での連携が必要なことも多く、導入のハードルは高くなっています。少しずつ事例を積み重ねていくことが求められています。

続きを読む

続きを読む

生徒の恋愛事情に教員としてどう向き合う?

生徒の恋愛事情に教員としてどう向き合う?

思春期の中高生は恋愛にとても関心が高い反面、あふれる情報を取捨選択できず、間違った恋愛関係に陥ることも少なくありません。教師として保健体育や性教育の授業を通して正しい知識を生徒に身につけさせ、人間として成長を見守ることが、生徒の恋愛への望ましい関わり方かもしれません。

続きを読む

続きを読む

家庭学習を定着させるポイントとは

家庭学習を定着させるポイントとは

家庭学習の定着は、子どもに学びの習慣化を身に付けさせる目的があり、おとなになったときに役立ちます。家庭学習を習慣化させるポイントは、同じ時間に同じ場所で、決められた時間数を学習すること。毎日続けることが大切で子どものやる気を起こさせるように働きかけましょう。

続きを読む

続きを読む

「教員養成セミナー」(時事通信社)に学校インタビュー記事が掲載されました(2019年9月号)

「教員養成セミナー」(時事通信社)に学校インタビュー記事が掲載されました(2019年9月号)

私立学校の教員採用の方法や時期などは各学校によって異なるため情報の収集が必要です。 採用後の勤務や、なりたい教師像をイメージして学校選びをすることは大切です。 今回は、成立学園中学校・高等学校 校長 福田英二先生に求める人材・同校の選考の方法などを 伺いました。

続きを読む

続きを読む