ブログ

見た目も大事!教師に求められる身だしなみとは?

見た目も大事!教師に求められる身だしなみとは?

教師の服装に特別な規定はありませんが、入学式などの特別な学校行事や保護者との面談のときなど、TPOに応じた服装は求められます。また、普段から生徒に見られる仕事であり、大ぶりなピアスやミニスカートなど生徒から疑問視されるような格好は避けるべきでしょう。教師は生徒の見本であり、身近な社会人のお手本でもあります。そのことを念頭に置いて恥ずかしくない格好を心がけましょう。

続きを読む

続きを読む

教員免許更新制の導入について知ろう

教員免許更新制の導入について知ろう

平成19年6月の改正教育職員免許法の成立にともない、平成21年4月1日から、教員免許更新制が導入されました。教員として必要な資質能力が保持されるように、定期的に、最新の知識と技能の修得を図り、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すための制度です。

続きを読む

続きを読む

私立学校の教員研修とは

私立学校の教員研修とは

教員研修は、現場の課題に対応した機動的な企画と実施が必要です。公立学校と、私立学校の教員研修では、カリキュラムも企画管理体制も異なっていますが、教員免許更新制度が導入されたことから、私立学校の教員育成には、さらに充実した研修体制が求められてきます。

続きを読む

続きを読む

司書教諭とはどのような仕事なのか?

司書教諭とはどのような仕事なのか?

学校図書館法では、学校図書館の専門職務を担う教員として「司書教諭」を学校に置くこととしています。司書教諭になることができるのは、教諭、指導教諭、主幹教諭のみで、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の教諭の免許状を取得している者が「司書教諭の資格」を取得できます。

続きを読む

続きを読む

BYODを知っていますか?セキュリティ対策の重要性

BYODを知っていますか?セキュリティ対策の重要性

BYODとは私物のパソコンを学校のネットワークに接続して利用することをいいます。なれたデバイスで仕事ができるというメリットと、ウィルスの被害がもたらされるリスクが増えるというデメリットがあります。スマートフォンやタブレットが普及した現状では、ネットワーク構築の段階から考えなおす必要があるといえます。

続きを読む

続きを読む

生徒の職業選択のためにどのようなことが行われている?

生徒の職業選択のためにどのようなことが行われている?

生徒の進路選択についての取り組みは学校によってさまざまですが、一般的にはどのようなことが行われているのでしょうか? 近年、文理選択や志望校選びにとどまらない、将来に関する取り組みも行われており、その方法や内容は非常に多岐にわたっています。今回は、公立とも比較しながら見ていくことにしましょう。

続きを読む

続きを読む

受験指導のプロになろう!私学教員が心得るべき生徒の受験対策指導とは?

受験指導のプロになろう!私学教員が心得るべき生徒の受験対策指導とは?

私立の学校では、生徒たちが卒業後に希望する学校に進学できるよう、そして学校の実績を上げ、生徒募集を成功させるために、生徒の受験指導に力を入れている学校がほとんどです。私立学校で、生徒そして保護者に頼られる教員になるためには、受験指導のプロを目指すことはとても大切です。私学教員の立場から受験指導の実情を説明します。

続きを読む

続きを読む

教職員間でのドキュメント共有について

教職員間でのドキュメント共有について

学校現場のIT化により、ワープロや表計算で作ったドキュメントを共有することで、業務の省力化が可能になっています。業務引き継ぎや教材作成など、さまざまな場面で業務を効率化し、時間の節約をすることが可能です。書類仕事を上手くこなし、生徒と向き合う時間の確保を目指しましょう。

続きを読む

続きを読む

国際教育に協力したい!現職教員特別参加制度とは?

国際教育に協力したい!現職教員特別参加制度とは?

「国際人の人材育成ができる教員」が求められている時代です。その能力を培う機会として、国立、公立学校および私立学校の教員が教員としての身分を保持したまま、青年海外協力隊または日系社会青年ボランティアに参加できる制度があります。「現職教員特別参加制度」とよばれ、平成25年度春募集から私立学校の教員も応募可能となりました。

続きを読む

続きを読む

公立と比較した、私学で働くことのメリットとは?

公立と比較した、私学で働くことのメリットとは?

公立と比較して、私学の場合は異動がなく、自らの経験を生かした授業が行いやすいことがメリットといえます。加えて、手当などが充実していることもメリットといえるでしょう。また、卒業生との結びつきが強いことは生徒にとってだけでなく、教員にとっても大きなメリットとなります。

続きを読む

続きを読む

教師が知っておきたい子どもが育つ叱り方

教師が知っておきたい子どもが育つ叱り方

子どもを叱るときには、命にかかわるようなとき、人権にかかわるようなときなど、基準を決めておくようにします。子どもを叱ったあとには必ず、フォローの言葉かけをするようにしましょう。子どもたちとは日頃から本気で接し、信頼関係をつくっておくことが大切です。

続きを読む

続きを読む

子どもの語彙力を伸ばす指導とは

子どもの語彙力を伸ばす指導とは

子どもたちの言語力を養うには語彙力を伸ばすことが大切です。語彙力を伸ばすには、調べることを大切にする、ゲーム要素を取り入れるなど様々な方法があります。重ね言葉を見つけよう、漢字のしりとりなど言葉遊びを取り入れると楽しく言葉が習得できます。

続きを読む

続きを読む

「正しい服装」をどう選ぶ?教員の身だしなみを考える

「正しい服装」をどう選ぶ?教員の身だしなみを考える

私学には教員の服装に関する規定が設けられているところがあります。クールビズの普及によって、近年ではノーネクタイの教員も増えていますが、だらしなくならないように注意する必要があります。生徒も教員の服装について決して無関心ではありませんので、規定を守りつつ「見られる」ことを意識した着こなしが求められます。

続きを読む

続きを読む

非常勤講師の掛け持ちの注意点とは?

非常勤講師の掛け持ちの注意点とは?

非常勤講師は原則として掛け持ちが可能です。実際の授業時間以外にも、事前準備や移動時間などに時間がかかるため、一日のなかで別の学校との掛け持ちをする場合は、余裕を持った時間割の設定お願いする必要があります。特に中間試験や期末試験は勤務の日や時間帯がふだんと異なるため、あらかじめ、各学校の行事予定表などを確認しておき、調整をする必要があります。

続きを読む

続きを読む