ブログ

教員がロボットに?人工知能は教育をこう変える

教員がロボットに?人工知能は教育をこう変える

人工知能の導入により教育の方法は大きく変わることが考えられます。生徒の「つまずき」を教員が明確に理解できるようになり、指導の内容にも反映できるようになることなどが想定されています。これらの教育が普及することにより、教員の仕事についても質の変化が起こるでしょう。

続きを読む

続きを読む

学校での携帯電話のルールを考える~ヒントとなる事例を紹介~

学校での携帯電話のルールを考える~ヒントとなる事例を紹介~

携帯電話の取り扱いについては、学校によって全面禁止・学校内での使用禁止・授業中の使用禁止など、さまざまな形が採られています。いずれも、校則違反の場合は厳しい対応となることがあります。携帯電話の取り扱いは試行錯誤の段階が続いており、保護者の理解も必要不可欠となっています。

続きを読む

続きを読む

グローバルな問題を教育で解決?倉敷宣言とは

グローバルな問題を教育で解決?倉敷宣言とは

2016年に倉敷で開催されたG7教育大臣会合において、倉敷宣言が出されました。今までにはなかった新たな問題に対処するために、教育がいかに重要であるかについて述べたこの宣言は、世界各国における教育の質的転換を求めるものとも言えます。宣言からは移民問題などが深刻化していることも読み取れ、新たな時代に向けた教育の変化が求められています。

続きを読む

続きを読む

教員に必要な救急救命の技術と知識について

教員に必要な救急救命の技術と知識について

決して起こって欲しいことではありませんが、学校内での突然死事故のうち約7割が心臓系の疾患によるものです。これは現在普及率の高まっているAED(除細動器)を使用することで救命できる可能性が大きく高まります。機会を見つけて救命講習を受講し、いざというときに落ち着いて対処できる心構えを身に付けたいものです。

続きを読む

続きを読む

進路指導ってどんなことをするの?受験生への進路指導とは

進路指導ってどんなことをするの?受験生への進路指導とは

受験生への進路指導は、進学する学校を一緒に選択するだけでなく、生徒が将来何をしたいのかを見据えた指導が必要です。学校の進路指導部は進学実績や就職先のデータを持っているだけでなく、学校全体の進路指導やキャリア教育の核となる部署。進路指導部との連携を図り、キャリア教育やインターンシップなどの体験を通して実現可能な進路を生徒が見出していけるよう、サポートしていきましょう。

続きを読む

続きを読む

教育を大きく変える「高大接続改革」とは?

教育を大きく変える「高大接続改革」とは?

高大接続は現状の問題点を踏まえ、高等学校教育・大学教育・大学入学者選抜を連携して変えていき、必要とされる学力を養成していこうとするものです。大学入学者選抜の変化にばかり目がいきがちですが、その背景にある「これから身につけるべき学力」をまず理解する必要があります。

続きを読む

続きを読む

保護者との面談、教員が気をつけるべきポイントは?

保護者との面談、教員が気をつけるべきポイントは?

面談で保護者の方が聞きたい内容として学校での様子、成績、進路などが考えられます。学校での様子については友人関係なども交えてお伝えしましょう。成績については長期的な視点をもったお話が必要となります。進路については生徒の希望と保護者の方の希望は別物であるということをご理解いただくことが重要になります。

続きを読む

続きを読む

教員としての指導力を向上しよう!今教育現場で求められる指導力とは?

教員としての指導力を向上しよう!今教育現場で求められる指導力とは?

教育現場では教員の指導力不足が問題視されています。指導力不足教員は公立では教育委員会が、私立では学校内での基準に基づいて判断されます。教員に求められる学習指導力や生徒指導力、学級経営力などを向上するために、個人の努力はもちろん、学校の枠組みを越えたスキルアップの取り組みを考えたいものです。

続きを読む

続きを読む

日本はどうする?プログラミング教育がもたらす社会へのインパクト

日本はどうする?プログラミング教育がもたらす社会へのインパクト

プログラミング教育の必修化が話題となっています。政府は来るべき「第4次産業革命」に備えるためにプログラミング教育が必須であると捉えています。先行するイスラエルやイギリスなどのほか、アメリカなどでもプログラミング教育の導入が検討されており、世界の潮流になりつつあると言えそうです。

続きを読む

続きを読む

いま話題の「チーム学校」って何?

いま話題の「チーム学校」って何?

学校を取り巻く課題が複雑になっていることを背景に、教員が教科指導や生徒指導に集中できる仕組みの構築を目指した「チーム学校」とよばれる考え方が提唱されています。私立学校の場合は一部先行している事例もありますが、今後はさらなる地域との連携が求められるでしょう。

続きを読む

続きを読む

「反転学習」導入で教員の役割はどう変わる?

「反転学習」導入で教員の役割はどう変わる?

家庭で基礎的な内容を学習し、学校の授業では踏み込んだ内容を学習するという反転学習が注目されています。事前の準備の大変さや、デジタル・デバイド(情報格差)などの問題がありますが、成功すれば、生徒の家庭での学習時間を確保した上で、学校では従来よりも密度の高い学習を行えます。インフラの整備次第で、さらなる発展の可能性を秘めた学習形態です。

続きを読む

続きを読む

部活動の顧問の意義と実態について

部活動の顧問の意義と実態について

教員志望者のほとんどの人が、部活動の顧問の先生として活躍することに対して、前向きで、積極的な意識を持っています。部活動で指導を重ねる中で、人間的な関わり合いが深まり、強いつながりや信頼が育まれていくことがあります。それは、教員自身が、生徒とともに成長できる機会でもあります。

続きを読む

続きを読む