ブログ

生徒の恋愛事情に教員としてどう向き合う?

生徒の恋愛事情に教員としてどう向き合う?

思春期の中高生は恋愛にとても関心が高い反面、あふれる情報を取捨選択できず、間違った恋愛関係に陥ることも少なくありません。教師として保健体育や性教育の授業を通して正しい知識を生徒に身につけさせ、人間として成長を見守ることが、生徒の恋愛への望ましい関わり方かもしれません。

続きを読む

続きを読む

家庭学習を定着させるポイントとは

家庭学習を定着させるポイントとは

家庭学習の定着は、子どもに学びの習慣化を身に付けさせる目的があり、おとなになったときに役立ちます。家庭学習を習慣化させるポイントは、同じ時間に同じ場所で、決められた時間数を学習すること。毎日続けることが大切で子どものやる気を起こさせるように働きかけましょう。

続きを読む

続きを読む

見た目も大事!教師に求められる身だしなみとは?

見た目も大事!教師に求められる身だしなみとは?

教師の服装に特別な規定はありませんが、入学式などの特別な学校行事や保護者との面談のときなど、TPOに応じた服装は求められます。また、普段から生徒に見られる仕事であり、大ぶりなピアスやミニスカートなど生徒から疑問視されるような格好は避けるべきでしょう。教師は生徒の見本であり、身近な社会人のお手本でもあります。そのことを念頭に置いて恥ずかしくない格好を心がけましょう。

続きを読む

続きを読む

授業での教師の役割とは?児童・生徒の学びをプロデュースするために

授業での教師の役割とは?児童・生徒の学びをプロデュースするために

授業での教師の役割は児童・生徒が活躍できるようにすることが大事です。児童・生徒が考えられるようにしたり、グループ学習を有効にしたり、習得することを明確にするような言葉かけや支援が重要です。そしてなにより、教師の言葉遣いはそのまま児童・生徒に影響を与えるため、日頃から気を付けるようにしましょう。

続きを読む

続きを読む

BYODを知っていますか?セキュリティ対策の重要性

BYODを知っていますか?セキュリティ対策の重要性

BYODとは私物のパソコンを学校のネットワークに接続して利用することをいいます。なれたデバイスで仕事ができるというメリットと、ウィルスの被害がもたらされるリスクが増えるというデメリットがあります。スマートフォンやタブレットが普及した現状では、ネットワーク構築の段階から考えなおす必要があるといえます。

続きを読む

続きを読む

生徒の職業選択のためにどのようなことが行われている?

生徒の職業選択のためにどのようなことが行われている?

生徒の進路選択についての取り組みは学校によってさまざまですが、一般的にはどのようなことが行われているのでしょうか? 近年、文理選択や志望校選びにとどまらない、将来に関する取り組みも行われており、その方法や内容は非常に多岐にわたっています。今回は、公立とも比較しながら見ていくことにしましょう。

続きを読む

続きを読む

受験指導のプロになろう!私学教員が心得るべき生徒の受験対策指導とは?

受験指導のプロになろう!私学教員が心得るべき生徒の受験対策指導とは?

私立の学校では、生徒たちが卒業後に希望する学校に進学できるよう、そして学校の実績を上げ、生徒募集を成功させるために、生徒の受験指導に力を入れている学校がほとんどです。私立学校で、生徒そして保護者に頼られる教員になるためには、受験指導のプロを目指すことはとても大切です。私学教員の立場から受験指導の実情を説明します。

続きを読む

続きを読む

教職員間でのドキュメント共有について

教職員間でのドキュメント共有について

学校現場のIT化により、ワープロや表計算で作ったドキュメントを共有することで、業務の省力化が可能になっています。業務引き継ぎや教材作成など、さまざまな場面で業務を効率化し、時間の節約をすることが可能です。書類仕事を上手くこなし、生徒と向き合う時間の確保を目指しましょう。

続きを読む

続きを読む

子どもの書く力を育てる授業とは

子どもの書く力を育てる授業とは

書く力は考える力にも連動しており、子どもたちが生きる力を備えるうえで大事なもののひとつです。書く力を育てるには、書くことが楽しいと思えるようにすることが大切です。また、書くための技術を育て、毎日、書く活動を入れ、日常化する工夫をするとよいでしょう。

続きを読む

続きを読む

生徒が聞く授業は導入で決まる!生徒を引きつける授業作りとは

生徒が聞く授業は導入で決まる!生徒を引きつける授業作りとは

授業の導入では一時間の学習時間にどのようなことを学ぶのかを伝えたり、生徒に関心を持たせたりする大切な役割があります。生徒を引き付けるための導入部分は各教科で工夫がなされていますが、苦手な教科ほど導入部分の工夫次第で生徒の関心も高まっていくようです。

続きを読む

続きを読む

教師が知っておきたい子どもが育つ叱り方

教師が知っておきたい子どもが育つ叱り方

子どもを叱るときには、命にかかわるようなとき、人権にかかわるようなときなど、基準を決めておくようにします。子どもを叱ったあとには必ず、フォローの言葉かけをするようにしましょう。子どもたちとは日頃から本気で接し、信頼関係をつくっておくことが大切です。

続きを読む

続きを読む

子どもの語彙力を伸ばす指導とは

子どもの語彙力を伸ばす指導とは

子どもたちの言語力を養うには語彙力を伸ばすことが大切です。語彙力を伸ばすには、調べることを大切にする、ゲーム要素を取り入れるなど様々な方法があります。重ね言葉を見つけよう、漢字のしりとりなど言葉遊びを取り入れると楽しく言葉が習得できます。

続きを読む

続きを読む

日本とこんなに違う!海外の教育制度を見てみよう

日本とこんなに違う!海外の教育制度を見てみよう

海外の教育制度は、日本とは大きく異なる場合が多くあります。フィンランドなど国際的に高い評価を得ている事例もあれば、アメリカのように個人主義の考え方に基づいて飛び級制度を取り入れている国も。教育制度の背景には国ごとの文化の違いがあり、そのまま日本に当てはめることはできませんが、それぞれの特徴を理解し、参考になるヒントを探してみましょう。

続きを読む

続きを読む

児童・生徒の気持ちに寄り添うために

児童・生徒の気持ちに寄り添うために

児童・生徒の気持ちに寄り添い理解することが、教師にとって大切なことです。児童・生徒の気持ちに寄り添うためには、児童・生徒を見る目を養う、授業で児童・生徒を理解することなどがポイントです。「このクラスでよかった」とみんなが思えるクラスづくりをしましょう。

続きを読む

続きを読む

教師が心がけておきたい子どもが伸びるほめ方とは

教師が心がけておきたい子どもが伸びるほめ方とは

ほめることは子どもに自信を持たせ、成長につながります。ほめるときには、ほめるポイントをしっかり押さえてほめることが大切です。また、よくないことをしたときでも正直に話した場合は正直に話したことをほめましょう。子どもの発達段階に合わせたほめ方でより子どもが伸びるでしょう。

続きを読む

続きを読む