ブログ

教職員間でのドキュメント共有について

教職員間でのドキュメント共有について

学校現場のIT化により、ワープロや表計算で作ったドキュメントを共有することで、業務の省力化が可能になっています。業務引き継ぎや教材作成など、さまざまな場面で業務を効率化し、時間の節約をすることが可能です。書類仕事を上手くこなし、生徒と向き合う時間の確保を目指しましょう。

続きを読む

続きを読む

子どもの書く力を育てる授業とは

子どもの書く力を育てる授業とは

書く力は考える力にも連動しており、子どもたちが生きる力を備えるうえで大事なもののひとつです。書く力を育てるには、書くことが楽しいと思えるようにすることが大切です。また、書くための技術を育て、毎日、書く活動を入れ、日常化する工夫をするとよいでしょう。

続きを読む

続きを読む

生徒が聞く授業は導入で決まる!生徒を引きつける授業作りとは

生徒が聞く授業は導入で決まる!生徒を引きつける授業作りとは

授業の導入では一時間の学習時間にどのようなことを学ぶのかを伝えたり、生徒に関心を持たせたりする大切な役割があります。生徒を引き付けるための導入部分は各教科で工夫がなされていますが、苦手な教科ほど導入部分の工夫次第で生徒の関心も高まっていくようです。

続きを読む

続きを読む

教師が知っておきたい子どもが育つ叱り方

教師が知っておきたい子どもが育つ叱り方

子どもを叱るときには、命にかかわるようなとき、人権にかかわるようなときなど、基準を決めておくようにします。子どもを叱ったあとには必ず、フォローの言葉かけをするようにしましょう。子どもたちとは日頃から本気で接し、信頼関係をつくっておくことが大切です。

続きを読む

続きを読む

子どもの語彙力を伸ばす指導とは

子どもの語彙力を伸ばす指導とは

子どもたちの言語力を養うには語彙力を伸ばすことが大切です。語彙力を伸ばすには、調べることを大切にする、ゲーム要素を取り入れるなど様々な方法があります。重ね言葉を見つけよう、漢字のしりとりなど言葉遊びを取り入れると楽しく言葉が習得できます。

続きを読む

続きを読む

日本とこんなに違う!海外の教育制度を見てみよう

日本とこんなに違う!海外の教育制度を見てみよう

海外の教育制度は、日本とは大きく異なる場合が多くあります。フィンランドなど国際的に高い評価を得ている事例もあれば、アメリカのように個人主義の考え方に基づいて飛び級制度を取り入れている国も。教育制度の背景には国ごとの文化の違いがあり、そのまま日本に当てはめることはできませんが、それぞれの特徴を理解し、参考になるヒントを探してみましょう。

続きを読む

続きを読む

児童・生徒の気持ちに寄り添うために

児童・生徒の気持ちに寄り添うために

児童・生徒の気持ちに寄り添い理解することが、教師にとって大切なことです。児童・生徒の気持ちに寄り添うためには、児童・生徒を見る目を養う、授業で児童・生徒を理解することなどがポイントです。「このクラスでよかった」とみんなが思えるクラスづくりをしましょう。

続きを読む

続きを読む

教師が心がけておきたい子どもが伸びるほめ方とは

教師が心がけておきたい子どもが伸びるほめ方とは

ほめることは子どもに自信を持たせ、成長につながります。ほめるときには、ほめるポイントをしっかり押さえてほめることが大切です。また、よくないことをしたときでも正直に話した場合は正直に話したことをほめましょう。子どもの発達段階に合わせたほめ方でより子どもが伸びるでしょう。

続きを読む

続きを読む

生徒への「怒り」をコントロール。アンガーマネジメントを身につけよう

生徒への「怒り」をコントロール。アンガーマネジメントを身につけよう

アンガーマネジメントとはアンガー(怒り)について知り、コントロールするための手法です。生徒同士の関係はいうまでもなく、教員と生徒の関係性や教員間の関係性においても、アンガーマネジメントを学ぶことで良好な関係を築くことができると考えられます。教員の言動が瞬時に広まって問題となることもある現状においては、アンガーマネジメントの重要性が高まっているといえます。

続きを読む

続きを読む

ICカードやGPS端末を利用した生徒を守るシステムとは?

ICカードやGPS端末を利用した生徒を守るシステムとは?

生徒の安全確認のためには、携帯電話以外にもさまざまなサービスがあります。一部の学校で導入している生徒証を利用したシステムのほか、定期券を利用したものや、GPS端末の所持による確認などの方法があります。これらのシステムは携帯電話が利用できない場合に特に大きな力を発揮すると言えます。

続きを読む

続きを読む

新米の教員は保護者とどう接したらいい?

新米の教員は保護者とどう接したらいい?

新米の教員にとって生徒の親は自分よりもかなり年上の人が多く、どう接していいのかとまどってしまうことがあります。しかし、普段、顔を合わせるのは生徒とは言え、保護者あってこその生徒たちです。保護者と良好な関係を持つことは教員にとって必要なことです。特に経験の浅い教員が保護者とどう接したらいいのかをアドバイスします。

続きを読む

続きを読む

集団生活の基礎!学級づくりの指導ポイント4つ

集団生活の基礎!学級づくりの指導ポイント4つ

楽しい学級づくりは、児童・生徒が毎日、学校に通いたいと思う大きな要因になります。楽しい学級づくりのポイントは、学級のルールをつくる、学級目標を立てる、教師が児童・生徒が積極的になる声掛けをするなどが大切です。ときどき、学級経営の基本を自分自身で振り返ることも大事です。

続きを読む

続きを読む

生徒指導に欠かせない!学校によって大きく異なる校則と指導の例

生徒指導に欠かせない!学校によって大きく異なる校則と指導の例

校則は学校によって大きく異なります。服装については制服だけでなく、その着方についても規定が設けられていることが少なくありません。また、持ち物についてもさまざまな校則が設けられていることが多いものです。指導にあたっては毅然とした態度でのぞみ、人によって指導が異なるということのないようにしなければなりません。

続きを読む

続きを読む