新米の教員は保護者とどう接したらいい?

勤務

新米の教員にとって生徒の親は自分よりもかなり年上の人が多く、どう接していいのかとまどってしまうことがあります。しかし、普段、顔を合わせるのは生徒とは言え、保護者あってこその生徒たちです。保護者と良好な関係を持つことは教員にとって必要なことです。特に経験の浅い教員が保護者とどう接したらいいのかをアドバイスします。

新米の教員にとって生徒の親は自分よりもかなり年上の人が多く、どう接していいのかとまどってしまうことがあります。しかし、普段、顔を合わせるのは生徒とは言え、保護者あってこその生徒たちです。保護者と良好な関係を持つことは教員にとって必要なことです。特に経験の浅い教員が保護者とどう接したらいいのかをアドバイスします。

たとえ保護者から叱責されても……

新米の教員は経験が少ないために、ベテランの先生の様に生徒の問題にうまく対応できなかったり、失敗したりすることも少なくありません。こうした経験をバネに教員として成長していけばいいのですが、保護者にとっては何か問題が起きれば一大事です。経験を重ね、教員として成長していきながらも、ひとつ、ひとつの問題に真摯に対応する必要があります。

保護者の中には、何か問題があっても新米だからと大目に見てくれる方もいますが、新米の教員だからと容赦しない保護者もいます。教員が経験を多く持っていようがいまいが、教員に大事な我が子にできるだけ最高の教育をして欲しいと願ってのことだと言えます。

保護者から叱責された時には、まずは冷静に対応することが必要です。丁寧なお叱りを受けることもありますが、かっとなって怒ってくる保護者もいます。相手がいくらかっとしていても、教員までかっとしてはいけません。担当している生徒のためにも、保護者と悪い関係を持ってはいけないのです。もし保護者が教員に対して悪いイメージをもったら、生徒はたとえ教員のことを慕っていても、親と教員の板挟みになり、気まずい思いをしてしまうかもしれません。保護者から叱責を受けても、保護者への敬いを忘れずに、冷静に対応しましょう。

保護者とのやりとりは記録する!

たとえ保護者に冷静に対応しても、保護者が納得せずに大きな問題になることもあります。学校という組織では、こんな時には教員に代わり、学校が、つまり学年主任や時には教頭先生、校長先生が問題解決にあたってくれます。教員1人が問題解決に悩まなくていいのです。
この際に必要なことは、関わる人に実際に起きたことを正確に報告することです。なぜなら最終的に問題にどう対応するかを判断する人たちは、この報告にもとづいて判断をするからです。報告が詳しく、正確であればあるほど、問題解決そして対応方法を決定する人たちは適切な判断ができるのです。そして保護者により説得力を持って、問題に対する学校の対応方法を知らせることができます。
例えば、保護者の中には自分に都合のいいことだけ主張してくるかもしれません。しかし、問題に関係したことが日にちとともに記録されていると、学校側としてはその記録を基に実際に起きたこと、そして学校の判断も、説得力をもって保護者に伝えることができます。

もちろん、保護者とのすべてのやり取りを記録していては大変な労力です。気になる保護者とのやりとりや特に重要だと思われる保護者とのやりとり、そしてこれらの保護者の生徒とのやりとりを日にちと共に書き留めていきましょう。

ベテランの先生に相談しよう!

最悪の場合には、教員に代わって学校、つまり学年主任や教頭先生、校長先生が保護者とのトラブルに対応してくれますが、あくまでもこれは最悪の場合、つまり最終手段です。できれば問題を自分で解決できるのが望ましいです。そうはいっても経験が浅いとどう対応していいのか分からずに途方にくれてしまうこともあります。こんな時にはベテランの教員に相談することをお勧めします。
ベテランの教員も新米の時には同じような悩みを持っていました。つまり、ベテランの先生は新米の先生の立場とそして保護者の立場の両方を理解することができるのです。さらに、ベテランの先生は起きている問題を客観的に見ることができます。このため、ベテランの先生は実際に起きている問題を外から見ることで何が問題かが分かり、適切な解決方法を見つけやすいと言えます。

また学校にベテランの教員は多くいますが、できればその教員のことを良く知っている経験豊富な教員に相談するといいでしょう。そしてベテランの教員も忙しくしていることが多いので、相談する時には、相談したいことがある旨を伝え、すぐに悩みを話し始めないで、まずは相談にのってもらうための日時を決めてもらうのが望ましいと言えます。経験を多く持っている先生でも他の業務に追われている中、突然悩み事を相談されても真剣に受け答えしにくいものです。