ブログ

教員免許更新制の導入について知ろう

教員免許更新制の導入について知ろう

平成19年6月の改正教育職員免許法の成立にともない、平成21年4月1日から、教員免許更新制が導入されました。教員として必要な資質能力が保持されるように、定期的に、最新の知識と技能の修得を図り、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すための制度です。

続きを読む

続きを読む

教師が心がけておきたい子どもが伸びるほめ方とは

教師が心がけておきたい子どもが伸びるほめ方とは

ほめることは子どもに自信を持たせ、成長につながります。ほめるときには、ほめるポイントをしっかり押さえてほめることが大切です。また、よくないことをしたときでも正直に話した場合は正直に話したことをほめましょう。子どもの発達段階に合わせたほめ方でより子どもが伸びるでしょう。

続きを読む

続きを読む

生徒への「怒り」をコントロール。アンガーマネジメントを身につけよう

生徒への「怒り」をコントロール。アンガーマネジメントを身につけよう

アンガーマネジメントとはアンガー(怒り)について知り、コントロールするための手法です。生徒同士の関係はいうまでもなく、教員と生徒の関係性や教員間の関係性においても、アンガーマネジメントを学ぶことで良好な関係を築くことができると考えられます。教員の言動が瞬時に広まって問題となることもある現状においては、アンガーマネジメントの重要性が高まっているといえます。

続きを読む

続きを読む

複数の教員免許を取得するためには?

複数の教員免許を取得するためには?

教員免許を持っている人がキャリアアップのために、教員免許を増やす方法があるのはご存じでしょうか? 実は、新たに教育実習などに行くことなく、教員免許を増やす方法が存在します。ここでは教員免許を取得している人が、教育実習に行くことなく、大学の通信制課程などでの単位取得によって教員免許を増やす方法について見て行きたいと思います。

続きを読む

続きを読む

私立で働く教員の給料事情は?

私立で働く教員の給料事情は?

公務員としての規定にしたがう公立と、学校側で設定される私立では、初任給も昇給の仕組みも異なります。保護者や生徒の手前、多くの場合で教員の給与は公開されない傾向にあり、実際に内定を受けてから知る人も多いことでしょう。初任給の設定や昇給の仕方など、私立、公立それぞれの特徴を紹介します。

続きを読む

続きを読む

教師のスキルアップの方法とは?

教師のスキルアップの方法とは?

教師のスキルップのためには、教員免許更新講習の受講や私学の研修会、外部団体の講習などへの参加が考えられます。教員免許更新講習は義務的なものですが、せっかくならば興味に応じたものを選択すべきです。また、都道府県レベルの私学研修会や外部の講習・セミナーなどへの参加もふだんできないことができる点でスキルアップにつながると考えられます。

続きを読む

続きを読む

ICカードやGPS端末を利用した生徒を守るシステムとは?

ICカードやGPS端末を利用した生徒を守るシステムとは?

生徒の安全確認のためには、携帯電話以外にもさまざまなサービスがあります。一部の学校で導入している生徒証を利用したシステムのほか、定期券を利用したものや、GPS端末の所持による確認などの方法があります。これらのシステムは携帯電話が利用できない場合に特に大きな力を発揮すると言えます。

続きを読む

続きを読む

週5日制?週6日制?先生の働き方はどうなっている?

週5日制?週6日制?先生の働き方はどうなっている?

なかなかわかりにくい先生の「休み」ですが、週5日制か週6日制かの違いなどによって、土日休み、日曜と平日1日休み、日曜と平日の半日休み、日曜のみなど、学校によって状況は異なっているのが現状です。また、部活動の指導などが入ることもあるので、必ずしもこの限りではありません。このほかに、創立記念日などの学校独自の休日が設定されることもあります。

続きを読む

続きを読む

新米の教員は保護者とどう接したらいい?

新米の教員は保護者とどう接したらいい?

新米の教員にとって生徒の親は自分よりもかなり年上の人が多く、どう接していいのかとまどってしまうことがあります。しかし、普段、顔を合わせるのは生徒とは言え、保護者あってこその生徒たちです。保護者と良好な関係を持つことは教員にとって必要なことです。特に経験の浅い教員が保護者とどう接したらいいのかをアドバイスします。

続きを読む

続きを読む

私立学校の教員研修とは

私立学校の教員研修とは

教員研修は、現場の課題に対応した機動的な企画と実施が必要です。公立学校と、私立学校の教員研修では、カリキュラムも企画管理体制も異なっていますが、教員免許更新制度が導入されたことから、私立学校の教員育成には、さらに充実した研修体制が求められてきます。

続きを読む

続きを読む

非常勤講師として働くことのメリット・デメリットとは?

非常勤講師として働くことのメリット・デメリットとは?

非常勤講師として勤務するメリットとして、時間的余裕・授業に専念できること、キャリアアップにつながることが挙げられます。またデメリットとして、契約時間の短さや国民健康保険への加入、収入面などがありますが、契約期間の短さは次の勤務先を探しやすいというメリットもあわせもっています。それぞれのメリットとデメリットを比較して、非常勤講師として勤務することを考える必要があります。

続きを読む

続きを読む

私学教員の定年はどうなっている?

私学教員の定年はどうなっている?

教員の定年は60歳のところが多いが65歳までは継続雇用制度が整備されるようになっています。また、65歳以降も常勤講師・非常勤講師として勤務される方が多くいらっしゃいます。定年後の給与については昇給がないところが多く、給与面でも減額されることが多くありますが、長く働ける制度が充実していることは魅力であると言えます。

続きを読む

続きを読む

生徒指導に欠かせない!学校によって大きく異なる校則と指導の例

生徒指導に欠かせない!学校によって大きく異なる校則と指導の例

校則は学校によって大きく異なります。服装については制服だけでなく、その着方についても規定が設けられていることが少なくありません。また、持ち物についてもさまざまな校則が設けられていることが多いものです。指導にあたっては毅然とした態度でのぞみ、人によって指導が異なるということのないようにしなければなりません。

続きを読む

続きを読む

私学教員の各種手当はどうなっている?

私学教員の各種手当はどうなっている?

私学教員として勤務する場合、公立学校と同様多くの学校で本給の他に「教職調整手当」が支給されています。また、多くの学校で公立や一般企業と同様に「家族手当」や「住居手当」なども支給されています。これ以外に「特別手当」や「担任手当」など、公立にはない独自の手当が支給されることもあります。

続きを読む

続きを読む