ブログ

ICカードやGPS端末を利用した生徒を守るシステムとは?

ICカードやGPS端末を利用した生徒を守るシステムとは?

生徒の安全確認のためには、携帯電話以外にもさまざまなサービスがあります。一部の学校で導入している生徒証を利用したシステムのほか、定期券を利用したものや、GPS端末の所持による確認などの方法があります。これらのシステムは携帯電話が利用できない場合に特に大きな力を発揮すると言えます。

続きを読む

続きを読む

新米の教員は保護者とどう接したらいい?

新米の教員は保護者とどう接したらいい?

新米の教員にとって生徒の親は自分よりもかなり年上の人が多く、どう接していいのかとまどってしまうことがあります。しかし、普段、顔を合わせるのは生徒とは言え、保護者あってこその生徒たちです。保護者と良好な関係を持つことは教員にとって必要なことです。特に経験の浅い教員が保護者とどう接したらいいのかをアドバイスします。

続きを読む

続きを読む

集団生活の基礎!学級づくりの指導ポイント4つ

集団生活の基礎!学級づくりの指導ポイント4つ

楽しい学級づくりは、児童・生徒が毎日、学校に通いたいと思う大きな要因になります。楽しい学級づくりのポイントは、学級のルールをつくる、学級目標を立てる、教師が児童・生徒が積極的になる声掛けをするなどが大切です。ときどき、学級経営の基本を自分自身で振り返ることも大事です。

続きを読む

続きを読む

生徒指導に欠かせない!学校によって大きく異なる校則と指導の例

生徒指導に欠かせない!学校によって大きく異なる校則と指導の例

校則は学校によって大きく異なります。服装については制服だけでなく、その着方についても規定が設けられていることが少なくありません。また、持ち物についてもさまざまな校則が設けられていることが多いものです。指導にあたっては毅然とした態度でのぞみ、人によって指導が異なるということのないようにしなければなりません。

続きを読む

続きを読む

教員がロボットに?人工知能は教育をこう変える

教員がロボットに?人工知能は教育をこう変える

人工知能の導入により教育の方法は大きく変わることが考えられます。生徒の「つまずき」を教員が明確に理解できるようになり、指導の内容にも反映できるようになることなどが想定されています。これらの教育が普及することにより、教員の仕事についても質の変化が起こるでしょう。

続きを読む

続きを読む

学校での携帯電話のルールを考える~ヒントとなる事例を紹介~

学校での携帯電話のルールを考える~ヒントとなる事例を紹介~

携帯電話の取り扱いについては、学校によって全面禁止・学校内での使用禁止・授業中の使用禁止など、さまざまな形が採られています。いずれも、校則違反の場合は厳しい対応となることがあります。携帯電話の取り扱いは試行錯誤の段階が続いており、保護者の理解も必要不可欠となっています。

続きを読む

続きを読む

グローバルな問題を教育で解決?倉敷宣言とは

グローバルな問題を教育で解決?倉敷宣言とは

2016年に倉敷で開催されたG7教育大臣会合において、倉敷宣言が出されました。今までにはなかった新たな問題に対処するために、教育がいかに重要であるかについて述べたこの宣言は、世界各国における教育の質的転換を求めるものとも言えます。宣言からは移民問題などが深刻化していることも読み取れ、新たな時代に向けた教育の変化が求められています。

続きを読む

続きを読む

教員に必要な救急救命の技術と知識について

教員に必要な救急救命の技術と知識について

決して起こって欲しいことではありませんが、学校内での突然死事故のうち約7割が心臓系の疾患によるものです。これは現在普及率の高まっているAED(除細動器)を使用することで救命できる可能性が大きく高まります。機会を見つけて救命講習を受講し、いざというときに落ち着いて対処できる心構えを身に付けたいものです。

続きを読む

続きを読む

進路指導ってどんなことをするの?受験生への進路指導とは

進路指導ってどんなことをするの?受験生への進路指導とは

受験生への進路指導は、進学する学校を一緒に選択するだけでなく、生徒が将来何をしたいのかを見据えた指導が必要です。学校の進路指導部は進学実績や就職先のデータを持っているだけでなく、学校全体の進路指導やキャリア教育の核となる部署。進路指導部との連携を図り、キャリア教育やインターンシップなどの体験を通して実現可能な進路を生徒が見出していけるよう、サポートしていきましょう。

続きを読む

続きを読む