ブログ

公立と比較した、私学で働くことのメリットとは?

公立と比較した、私学で働くことのメリットとは?

公立と比較して、私学の場合は異動がなく、自らの経験を生かした授業が行いやすいことがメリットといえます。加えて、手当などが充実していることもメリットといえるでしょう。また、卒業生との結びつきが強いことは生徒にとってだけでなく、教員にとっても大きなメリットとなります。

続きを読む

続きを読む

非常勤講師の掛け持ちの注意点とは?

非常勤講師の掛け持ちの注意点とは?

非常勤講師は原則として掛け持ちが可能です。実際の授業時間以外にも、事前準備や移動時間などに時間がかかるため、一日のなかで別の学校との掛け持ちをする場合は、余裕を持った時間割の設定お願いする必要があります。特に中間試験や期末試験は勤務の日や時間帯がふだんと異なるため、あらかじめ、各学校の行事予定表などを確認しておき、調整をする必要があります。

続きを読む

続きを読む

収入や保険の加入はどうなる?非常勤講師の実態を紹介

収入や保険の加入はどうなる?非常勤講師の実態を紹介

非常勤講師として勤務する場合、原則としてクラスの担任や部活動の顧問を担当することはなく、自分のために使える時間が多くなり、キャリアアップにもつながります。給与は定額払いや実働払いなどさまざまですが、学校によっては一定数以上のコマ数があれば私学共済に加入できる場合もあります。

続きを読む

続きを読む

私立で働く教員の給料事情は?

私立で働く教員の給料事情は?

公務員としての規定にしたがう公立と、学校側で設定される私立では、初任給も昇給の仕組みも異なります。保護者や生徒の手前、多くの場合で教員の給与は公開されない傾向にあり、実際に内定を受けてから知る人も多いことでしょう。初任給の設定や昇給の仕方など、私立、公立それぞれの特徴を紹介します。

続きを読む

続きを読む

非常勤講師として働くことのメリット・デメリットとは?

非常勤講師として働くことのメリット・デメリットとは?

非常勤講師として勤務するメリットとして、時間的余裕・授業に専念できること、キャリアアップにつながることが挙げられます。またデメリットとして、契約時間の短さや国民健康保険への加入、収入面などがありますが、契約期間の短さは次の勤務先を探しやすいというメリットもあわせもっています。それぞれのメリットとデメリットを比較して、非常勤講師として勤務することを考える必要があります。

続きを読む

続きを読む

私学教員の定年はどうなっている?

私学教員の定年はどうなっている?

教員の定年は60歳のところが多いが65歳までは継続雇用制度が整備されるようになっています。また、65歳以降も常勤講師・非常勤講師として勤務される方が多くいらっしゃいます。定年後の給与については昇給がないところが多く、給与面でも減額されることが多くありますが、長く働ける制度が充実していることは魅力であると言えます。

続きを読む

続きを読む

私学教員の各種手当はどうなっている?

私学教員の各種手当はどうなっている?

私学教員として勤務する場合、公立学校と同様多くの学校で本給の他に「教職調整手当」が支給されています。また、多くの学校で公立や一般企業と同様に「家族手当」や「住居手当」なども支給されています。これ以外に「特別手当」や「担任手当」など、公立にはない独自の手当が支給されることもあります。

続きを読む

続きを読む

私学の先生になるには?私学適性検査について

私学の先生になるには?私学適性検査について

いくつかの都府県で行われる私学適性検査は、専門教科と教職教養によって構成されています。いずれもなかなかの難易度で、受検にあたっては十分な準備が必要ですが、検査が行われる都府県の私学で働きたい場合には、ほかの方法で情報収集を続けつつ、受検を検討するという手もあります。

続きを読む

続きを読む